Under Pressure by Queen & David Bowie

Under Pressure / Queen & David Bowie
(アンダー・プレッシャー / クイーン & デヴィッド・ボウイ)

プレッシャーが僕を押し倒す
君を押しつぶす
誰も頼んじゃいないのに
プレッシャーの下でビルは燃え落ち
家族は真っ二つに引き裂かれ
人々は路上へと押し出される

いいんだよ
この世界について知るのは恐ろしいことなんだよ
仲の良い友達が叫ぶのを見る "ここから出してくれ"
明日に祈る 僕を高く引き上げてくれるように
人々にかかるプレッシャー
路上でさまよう人々

身を粉にしながら 自分の脳みそを床で蹴飛ばしてる
降れば必ず土砂降り、そんな日々だ

人々は路上でさまよう
人々は路上でさまよう

この世界について知るのは恐ろしいことなんだよ
仲の良い友達が叫ぶのを見る "ここから出してくれ"
明日に祈る 僕を高く引き上げてくれるように、もっと高く、高くへ
人々にかかるプレッシャー
路上でさまよう人々

目が見えないかのように顔を背け
フェンスの上に腰かけてみたが、効き目はない

愛を見出し続けても、愛は傷だらけでぼろぼろだ
なんで、どうして、なぜなんだ?
愛は

狂気がプレッシャーの下で笑う 僕たちは壊れかけていると
もう一度チャンスはつかめないのか?
なんで僕たちは、愛にもう一度チャンスをやれないんだ?
どうして僕たちは愛に与えてやれないんだ、愛に愛に愛に愛に愛に 
愛が全く時代遅れの言葉だからなのか

だけど愛は果敢にも君に
夜の淵に立たされた人々を思いやる気持ちを持たそうとする
そして愛は果敢にも僕たちの
自分自身への気持ちの向け方を変えようとする
これは僕たちのラストダンス
これは僕たちのラストダンス

これがプレッシャーの下で生きる僕たちだ
プレッシャーの下で生きる
プレッシャーの下で



少し前にDavid Bowieの2枚組ベストを買いました。ちょっと迷ったんですが、この曲が入っているのが最終的な決め手となったのでした。そして、また勢いでこんな名曲に手を・・・
私のいた女子高では当時、洋楽コピーのバンドが沢山あって、(私はDuran Duranのコピーバンドでギターを弾いてたんですが、ははは、時代がばれまんなぁ)、この曲をコピーしているバンドがあったのです。今考えるとなんと大人の選曲でしょう。演奏も堂に入ったもんでした。
pressureをどう訳すかしばし考えましたが、プレッシャーという響きそのものが一番しっくりくると思い、そのまま使いました。この曲が作られた1981年よりも今の方が更に世界はぼろぼろと感じるので、"give love"の連呼が心に響きます。

【「そして愛は果敢にも僕たちの自分自身への気持ちの向け方を変えようとする(And love dares you to change our way of caring about ourselves)」の部分、非常に個人的な解釈ではありますが、まず自分自身を愛せないと他人も愛せない、ということを最近よく考えていて、それに通ずるかなぁと思って訳しました。】

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *